デリヘルとホテヘルの違いと特徴。初めてならどちらがオススメ?

2018/02/14

風俗は様々な業種があり、同じような業種でも枝分かれしています。
デリバリーヘルスとホテルヘルス、これらはファッションヘルスから派生した業種ですが同じような名前で中身はちょっと違います。
人によっては違いがわからず混同してしまうこともあるでしょう。
風俗で働く場合、下調べせず働いてしまうと仕事内容が自分の適正に合わなかった場合、長続きすることができません。

せっかく風俗で働くのですから、仕事は転々としないほうがいいですし、そのほうが固定客もつきやすいです。
これを機に両者の特徴を掴んで、自分の性格はどっち向きか見極めましょう。
今回は、デリヘルとホテヘルの違いについて解説します。

デリヘルとホテヘルのお仕事、具体的な特徴とは?

デリヘルとホテヘルの違いと特徴。初めてならどちらがオススメ?デリヘルとホテヘルの特徴は、お店のシステムにあります。
まずは2業種の特徴を比べてみましょう。

デリヘル

デリバリーヘルスは無店舗型の風俗サービスで、現在最も店舗数が多い風俗のひとつ。
電話一本でお客さんの元へ女の子をデリバリー(配達)してくれるので自宅や出張先でプレイを楽しむことができます。
キャストは待機所や自宅で待機し、お客さんが入ったらドライバーが送迎する車に乗って、お客さんが待つ家やホテルまで向かいます。

お客さんが出前のように電話一本でキャストを自宅まで呼べるのがデリヘルという業種の特徴です。

ホテヘル

ホテヘルは主に関西で人気の業種で、繁華街などに隣接されている店舗型風俗店のことです。

お客さんは受付所で提示された写真パネルを見て好みの女の子を選択し、一緒にホテルへ向かいます。
デリヘルはホームページのボカシ付写真でしか顔を判断できませんが、ホテヘルの受付ではモザイク無しの顔写真を見ることができます。
デート感覚でラブホ街を一緒に歩くことも楽しみの一つ。
受付所でお金の支払いをすませるので、お客さんと金銭のやりとりをせず、盗難の面からも安心です。

店舗の近くにあるホテルでサービスを行うのがホテヘル最大の特徴です。

このようにデリヘルは女の子を電話で注文する業種、ホテヘルはラブホテルでサービスを行う業種です。
ヘルスをデリバリーしてくれるのがデリヘル、ヘルスをホテルで行うのがホテヘル。

具体的にこのような業種になります。

デリヘルとホテヘルで一番の違いってなんだろう?

質問デリヘルとホテヘルの一番の違いはお客さんを受付に通すか通さないかにあります。
受付を経由するのがホテヘルで、受付を通さないのがデリヘルです。
受付を通すということは、泥酔客や厄介なお客さんが来たらNGを出すことができますし、待合室のモニターを見て知人が来店した場合NGを出すこともできます。
デリヘルは受付がないかわりに出勤エリアNGを出せるので「知人の家だった」という対策をすることはできますが、顔がみえない以上身バレリスクは高くなります。

しかし受付を持たないデリヘルはその分営業時間を気にせず働くことが可能です。
デリヘルは無店舗型風俗店のため、24時間営業できますがホテヘルは風営法の観点から0時までしか営業できません。

プレイ内容で違いはあるの?

気になるプレイ内容ですが、サービス内容はどちらも大差ありません。
ホテヘルはホテルでサービスをしますが、デリヘルの場合は自宅やホテルや待合所など、呼ばれる環境によって接客場所がかわるくらいです。
女の子によってはこなすオプションも違うので、全てが一致はしませんが、シャワー、キス、手コキ、素股、フェラ。

基本的なサービスは同じで本番行為をせずフィニッシュに導きます。

お給料の差

ホテヘルとデリヘルは時給換算で考えるとややデリヘルのほうが高めです。
デリヘルの場合、お客さんが自宅でサービスをうけられるのでロングコースを選択しやすいので客単価で高くなります。
ただし、デリヘルはどうしても移動時間がかかってしまうので、客単価の低いお客さんばかりになった時が厳しいです。
ホテヘルの場合はショートの客が多くなり、接客時間が少ないのでバック率が低いです。

しかしその分回転率が良く、人気のある女の子であれば何人も接客できるためデリヘルより効率的に稼ぐことができます。
回転率を求めるならホテヘル、客単価をあげて働きたいならデリヘルがいいでしょう。

初心者向きなのはどっち?

質問ホテヘルとデリヘル、風俗未経験者が最初に働くとしたらどちらがいいのでしょうか。

初心者はホテヘルがオススメ その理由とは!?

どちらも一長一短あり、あなたがどんな性格をしてるかによって向き不向きが別れます。

ただ最初に働くのであれば、まずはホテヘルで働くのをオススメします。
なぜならホテヘルの場合、お客さんは受付を通らなければならないため、泥酔客や厄介な客をフィルターにかけることができるからです。
ホテヘルの場合古くからやっている店舗が多いのでノウハウも多く、お店も初心者への扱いが慣れているため初心者向きです。
デリヘルの場合、受付がないのでお客さんに会うまでがどうしても不安な上、ガラの悪いお客さんだった場合、対応が初心者には少し難しいです。

また、本番強要をされたり盗撮が多いのもデリヘルです。
ホームに女の子を招き入れることで必要以上に態度が大きくなったり、人によってはカメラを仕掛け盗撮してくるお客さんもいます。
以上のことから初めて働くならまずはデリヘルを避けたほうが無難です。
ホテヘルの場合、身バレを防ぐ観点でも受付で客をチェックできるのが大きいです。

ひとまずホテヘルの優良店を探し、近場にいいお店がなかったらデリヘルを考える、そんな働き方でもよいでしょう。

デリヘルのいいところは

デリヘルのネガティブなことばかり触れてしまいましたが、もちろんいい面もあります。

デリヘルのいいところは何と言っても店舗数がおおいところです。
店舗型ホテルヘルスは風営法が改正されたことにより、新規出店がほぼ不可能になりました。
したがってホテヘルは現存する店舗が残っているだけで、施設の老朽化とともになくなっていくといわれています。
一方デリヘルのような無店舗型風俗店は、届け出一つで開業できるため、どんな経営者でも開業することができ今では風俗の3分の2がデリヘルとなっています。

店が無数にあるということは、働き先の選択肢が増えます。
容姿が悪い人、体型が太っちょな人、年をとっている人、シフトをあまり多く組めない人。
様々な働き方に対応できるだけの店舗数が存在しています。
店独自のコンセプトがあるので、太め体型な女性であっても探せば働けるデブ専デリが見つかるはずです。

また、将来的に無くなる心配がないので、仕事に慣れてしまえば長期的に継続することも可能です。
幅広いコンセプトがあるのも、自分にマッチした店舗を探せるのもデリヘルのいいところでしょう。
安全に働けるホテヘルとお金が稼ぎやすいデリヘル、あなたはどちらを優先しますか?

まとめ

いかがでしょうか。
デリヘルとホテヘルの違い、特徴について解説しました。

ホテヘルは安心度でデリヘルに勝りますが、地域によっては店舗数が極端に少なく、働きやすさではやや劣ります。
デリヘルは店舗数が多く客単価も高い、おまけに24時間営業しているので、ある程度自由な働き方をしたい女性に向いています。
まずは自分の属性、エリアに応じたお店選びからはじめましょう。
ハズレのお店で働くと稼ぐことが難しくなるので、まずは風俗求人サイトで優良店の見極めをしてみましょう。

高収入バイトの探し方

風俗で高収入を稼ぐ為にはお店選びがポイントです!
どんなに容姿・性格が良くても、テクニックを持っていても待遇が悪いお店では稼ぐ事ができません。

効率よく高待遇で稼げるお店を探すのにおすすめなのが、スカウト型求人サイトです!
無料で簡単に登録ができます。
あとは待っているだけで希望条件にマッチしたお店からオファーメールが届くので、気に入ったお店を選びましょう!

そんな高待遇なお店を選べるサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

早速、登録して高待遇なお店からのオファーメールを待ってみよう!

-デリヘル・ホテヘル