デリヘルとファッションヘルスの違いとメリット・デメリット

2018/02/13

風俗には様々な業種があります。
それぞれ営業形態や仕事内容が異なり、未経験者にとってどれが自分にマッチするかよくわからないこともあるでしょう。
そんななか、風俗で代表的な業種をあげるとすればデリバリーヘルスと、ファッションヘルスです。

この2つは仕事内容はほぼ同じですが、サービスをする場所が違うので向き不向きが出やすい業種です。
なにが違うのか、どんなメリットデメリットがあるのか、今回はデリヘルとヘルスについて解説していきましょう。

ファッションヘルスとデリヘルのサービスの違いって?

デリヘルとファッションヘルスの違いとメリット・デメリットではこの2つの違いはなんでしょうか、比較してみましょう。

ファッションヘルスの仕事

ファッションヘルスというのは店舗型の風俗店で、ヘルス、箱ヘルなどと呼ばれます。
ソープランドのような浴室はなく、本番行為をせずにキス、全身リップ、フェラ、素股、手コキなどで射精に導きます。

店舗内のプレイルームでサービスを行うので、乱暴なお客さんや本番強要が過ぎるお客さんに対してはスタッフを呼べるので安心です。

デリバリーヘルスの仕事

デリバリーヘルス、通称デリヘルや出張ヘルスと呼ばれる業種です。

お客さんの家に女の子を派遣してサービスを行う業種です。
仕事内容はヘルスと同じですが、サービスをする場所がお客さんのいる部屋になので、送迎車に乗ってお客さんの家まで向かい、そこでサービスを行います。
現在無店舗型の風俗はすべてデリヘルという認識をされています。
同じデリヘルでも回春エステ、人妻デリヘル、手コキマッサージなどサービスが多種多様に広がっています。

無店舗型なので、屋外待機、自宅待機、待機場所を選ばず片手間で働くことができます。

未経験者が働くならデリヘルとヘルス、どっちがオススメ?

質問 女性それでは未経験者が働くならどちらのほうがいいのでしょうか。
これはそれぞれの適正があるので一概にはいえません。
お給料に関してはほぼ同じですが、移動時間がない分ややヘルスに分があります。

デリヘルの場合移動コストがかかるため、コース料金も高くなりますが、給料から送迎費が天引きされます。
しかしお給料はお客さんに何人ついたか、お店が繁盛しているかどうかで前後するので、あまり気にする必要はありません。
それよりそれぞれの業種が持つメリット・デメリットに注意を払いましょう。

ヘルスのメリット・デメリット

ヘルスで働くメリット

ややこしい客が少ない

ファッションヘルスの場合は、度が過ぎる本番強要などはすべてスタッフさんに言えば対処してくれるので、ややこしいお客さんに遭遇得する確率が低いです。

一旦受付を通すので酔っぱらい客や乱暴な客は受付でフィルターにかけてくれるので客層がデリヘルに比べて良い傾向があります。
泥酔客や怖い人はちょっと・・、と不安な女の子に向いています。

身バレしづらい

また、店内にはモニターがあるため、身バレしないようお客さんをチェックできます。
女の子によっては昼職をしていたり、学生さんも働いているので、知人が来ないかがどうしても気になります。
ヘルスでは待機所という空間で事前にお客さんの顔を確認できるので身バレリスクがほぼありません。
身バレだけは絶対嫌!という女の子にはヘルスが向いています。

回転率が良い

ヘルスはデリヘルのように移動をせず、プレイルームでサービスが完結するので時間を無駄にせず回転率をあげて働くことができます。
デリヘルの場合、移動だけで時間を奪われてしまうので、移動時間無く接客できるヘルスは時間を大切にしたい女の子にうってつけです。

移動時間を無駄にせず働きたい!と思う女の子はヘルスが向いています。

ヘルスで働くデメリット

しかしヘルスにもデメリットがあります。

待機所でややこしいキャストと一緒になる

ヘルスの場合、待機所でお客さんがくるまで待つ必要があり、その際他のキャストと一緒になります。
キャストによっては売れてないことを逆恨みして悪口を言ってきたり、盗難したり掲示板で個人情報暴露など、嫌がらせをされることもあります。
うまく周りと友達になることができれば仲間になってもらえますが、コミュニケーションが苦手な女の子は集団待機所で孤立してしまうので、個室待機所があるお店を探す必要があります。

出勤制限がある

質問 女性ヘルスはプレイルームに限りがあり、週末など忙しくて稼げる時間帯に出勤したくても、他との兼ね合いで出勤できない場合があります。
忙しい日はつきっぱになって休憩時間がとれないこともあり、肉体的に疲れてしまいます。
営業時間も決まっているので限られた時間、限られた人数だけしか働けないのがデメリットです。

お店が古くて汚い

店舗型風俗店は風営法の改正によって、新しく建てることができず、現存する風俗店のみが残っている状態です。
したがって古くから残るお店ばかりになり、店内やプレイルームがやや前時代的で古臭い店がおおくなります。

改築にも新たな営業許可が必要なため、我慢してその店舗でずっと働く必要があります。

デリヘルのメリット・デメリット

それではデリヘルで働くメリットデメリットはどのようなものがあるでしょうか。

デリヘルのメリット

出勤制限もなく自由出勤が可能

デリヘルは無店舗型風俗店なので、お客さんがつく限り働くことができ、出勤制限もありません。

シフトもある程度自由に組める店舗が多く、自分の都合に合わせて働くことができます。
終電をのがしたところで送迎車に自宅まで送ってもらえるので時間を気にせず働くことが可能です。
稼ぎたい時に働けないのは嫌、という女の子に向いています。

営業時間が長いので稼ぎやすい

デリヘルは営業時間が長いので、身体が許す限りお客さんをいくらでもつけることができます。
お客さんは自宅でサービスをうけるためロングコースを利用することも多く、ヘルスにくらべ客単価が高いです。
とにかく稼ぎたいという女の子に向いてるでしょう。

お局お茶嬢と関わらなくて良い

デリヘルの中には自宅待機ができる店舗もあるので、集団待機所の煩わしい人間関係に疲れることがありません。
どこにもお局のようなオバサンお茶嬢が幅を利かせているので、女の子によっては嫌がらせで病んでしまうことがあります。
自宅待機であれば、お客さんが入ったときに迎えにきてもらえばよいので他のキャストと関わる心配がありません。
人間関係が嫌いな女の子にうってつけなメリットです。

デリヘルのデメリット

ただデリヘルにもデメリットはあります。

汚い部屋でサービスをする必要がある

デリヘルはお客さんの家でサービスをするので、足の踏み場もない部屋、カビだらけの布団でサービスをすることがあります。
ホテルに呼ばれたらラッキーですが、男性のひとり暮らしの部屋に行くのは潔癖症だと難しいです。

移動時間がかかるので回転率が悪い

カレンダーデリヘルは一人一人のお客さんの元へ移動しなければならないので、どうしても移動時間が拘束されます。
渋滞していたり、遠方だと移動だけで時間がとられてしまうので、回転率の高い業種で働きたい女の子には向いていません。

知人と鉢合わせする場合がある

デリヘルは電話でお客さんを受付するので、相手宅に到着するまで顔がわからず、知人と鉢合わせすることがあります。
もちろんそんなケースはレアですが、移動する段階で見られてしまったり、身バレリスクがヘルスに比べて高いです。
NGエリアを指定して、勤務先を限定する必要があります。

まとめ

いかがでしょうか。
デリヘルとヘルスの違い、メリットデメリットを解説しました。
これをみて自分が何を優先して働くかを決めると、どちらが自分向きか見えてきます。
身バレだけは絶対嫌という場合はヘルス、周りとの人間関係が煩わしいのであれば自宅待機できるデリヘルがいいでしょう。

どちらの業種にもいい面もあれば悪い面もあります。
たとえ自分向きの業種で働いても、お店の集客力が弱いと意味がないので、風俗求人情報でお店を入念に調べ、失敗しない店選びをしていきましょう。

高収入バイトの探し方

風俗で高収入を稼ぐ為にはお店選びがポイントです!
どんなに容姿・性格が良くても、テクニックを持っていても待遇が悪いお店では稼ぐ事ができません。

効率よく高待遇で稼げるお店を探すのにおすすめなのが、スカウト型求人サイトです!
無料で簡単に登録ができます。
あとは待っているだけで希望条件にマッチしたお店からオファーメールが届くので、気に入ったお店を選びましょう!

そんな高待遇なお店を選べるサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

早速、登録して高待遇なお店からのオファーメールを待ってみよう!

-デリヘル・ホテヘル